スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しさ

「品性のない正しさとは、いくら正しくても関わりたくない」

(橘川幸夫氏)

***

「正しいことを言うことが、いつも正しいとは限らないからね。相手の気持ちを汲むんだよ」

「うん。そうしようと思うんだけど、つい反発しちゃうんだよね」

「自覚していればいいんだよ、一歩ずつ、礼儀正しくなっていくからね」

「どうして反発しないほうがいいのかな?」

「いちいち口ごたえする人には、他人は何も言ってくれなくなるんだよ。

そうするとね、手入れをする人がいない芝生みたいになっちゃうんだよ」


(ランディさん)

***

・・・私は言い過ぎてしまう傾向があるので気を付けなくちゃならないっ!

正しいことだから言えばいいっていうわけじゃないんだよね(^^;

まあ、言いたくて仕方なくて言ってしまうわけですが・・・

それは我です、エゴです( ´(ェ)`)

相手のために言っているようで、自分の満足のために言っています、

おそらく!

気を付けねばっ!


手入れをする人がいない芝生みたいになると、人間らしさを失って

奇妙キテレツな人格になっていくのかな!?って思い当たる人もちらほら。。。

通常の社会生活が送れないわけではないのが、

ある意味やっかいなような気がしますが (゚◇゚;)


が (゚◇゚;)


世界には70億人くらい人間がいるんだから、

そりゃいろんな人がいるだろう!


(毎日のご飯がおいしかったらそれでいいっ!!)


と、疲れると、最終的には思ってしまいます( ̄ω ̄;)



スポンサーサイト

M・ローゼンバーグ博士

φ(。。)メモメモ…

アメリカの心理学者
つながりを生み出す対話法NVC(ノンバイオレント・コミュニケーション)

***

カリフォルニアにある「カーマレストラン」の代金の支払いは
ギフト・エコノミー方式



病気について

人間の体は絶えずどこかが毀れている、
そしてそれを、絶えずどこかで治している。
毀したり治したりしながら生きているのである。
だから、治っているから健康であるとか、
毀れているから病気であるとかの区別はつけられない。

異常を除いて正常であろうと考えている養生人は多いが、
問題は異常ではない。
問題は異常の中に正常を保っている体のはたらきである。
それがどのように働いているのか、
それを確かめることに養生の道がある。

晴れあり、曇りあり。
病気になろうとなるまいと、人間は本来健康である。
健康をいつまでも、病気と対立させておく必要はない。
私は健康も疫病も、生命現象の一つとして悠々眺めて行きたいと思う。

健康とは、安全無事な肉塊をいうのではない。
常に裡から、活き活きした力を産み出してやまない、
そのはたらきこそ健康というのだ。

要求のないところに生はない。
諦めは死だ。
自分の為し得ない理由を自分に言いきかせ、
自らを慰めていることを病という。

問題は、体ではなく心である。
人を責め、追求し、他人の過ちのために自分の労力を
消費するが如きのことをなさず、
自分を楽しくし他人を快くすることの空想を、
いつも心の中に拡げて生きることが養生というものである。

(野口晴哉)

***

「自分の為し得ない理由を自分に言いきかせ、
 自らを慰めていることを病という。」

至言( ´(ェ)`)


「問題は異常の中に正常を保っている体のはたらき」っていうのは

ぼやっとしかわからない (´-`).。oO()


散々、体と向き合ってこられた賢人が、

「問題は、体ではなく心である」と言っている。。。

例えば、がんの根本原因はなんだろう??

がんは「細胞が勝手に増殖」

う〜ん

知りたいな。


・・・ともかく、自分の意志では止めることのできない、

常に何があろうと動き続ける心臓はすごいなっ!てことでヾ(・ω・)ノ゙

少なくとも体は体を生かそうと、

例えば心臓はせっせと血液を体に送っているし、

宿主の自分は自分を大切にしなくちゃならないと思う ☆(`・ω・´)



全部自分

「人は自分が置かれている立場を、すぐに状況のせいにするけれど、

この世で成功するのは、立ち上がって自分の望む状況を探しに行く人、

みつからなかったら創り出す人である」

(ジョージ・バーナード・ショー)

***

文句を言っているうちはヒマな人である?


文句、批判でいうと、

自分に自信のある人は批判しないし、文句を言わない。

また、精神医学的に言うと(?)、抑圧された自己が、

普段の会話に批判、文句、という形で表出したりするパターンも?

そして、そういう人ほど、

自分がどういう振舞いをしているか認識できない、したくないので

ややこしい(/ω\)


・・・


ややこしい。。。( ´(ェ)`)



ターシャさん

待つこと、準備すること=魔法の時間

憂うつ?そんなの知らないわ!

完璧を目指さないの!(・∀・)

人間には「瞬間」しか与えられていない (`・ω・´)

***

たまたま目にしたターシャさんの再放送。
最後まで見続けて深夜。。。
ターシャさんの自身の人生によって裏打ちされた哲学に、正気に返る( ´(ェ)`)

自然をじっくり味わって生活するのって、ファンタジー☆彡

日本だったら、縁側で月光の下で月見団子を食べるとか、ファンタジーだヽ(゚∀゚)ノ


まったく、真逆の生活を送っているけど・・・ネコくらいは飼いたいなぁぁぁぁ!!!


ネコ (=ФωФ=)



ネコ~~!!!.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)



・・・


不時着した文章 (・ー・;)



すべての道はローマに通ず。

パーフェクト

てってい的に細部ディテールまで作りこむと、

ものはサイズ感を失い、

人との関係を絶ってしまうことがあるケロ。

(祖父江慎さん)



歌う場面での心持ち。

ステージに上がったとき、自分が一番上手いと思え。

ステージを降りているとき、自分は一番下手だと思え。

(エリック・クラプトン)



は〜い!(・ω・)ノ



チェスの達人カスパロスさん

いくら才能があっても努力が伴わなければ、才能は花開かない。

努力できるのも才能のうち。

むしろ、努力し続けられることが才能そのもの。

未来を切り開くのに、努力以外考えられない。

Q チェスだけに集中する生活はどうか?

人生そのものを楽しむ方が、チェスよりも大切だった。

さまざまな経験をするほうが、人生の助けになる。


大切なのは柔軟性。


***

たまたま見ていた別の番組でも、
どんな愚かな人でも12年間、同じことをやっていればそれは上手くなる(・ω・)ノ
と別の方が言っていて(仏教の偉い人?仏教の教え?)
思想家の吉本隆明さんは「10年間、毎日やっていれば・・・」
と言っている。

努力し続ける、その行動を支えるのは情熱だから、
いかに情熱を持ち続けることができる興味の対象を見つけられるか、が鍵になる?

才能とは情熱でもって努力し続けることができる対象を見つけられた人
(日本語おかしいけどスルー(^^;)

だから、「才能のある人」=「なにか特別な人」というのはちょっと違う気がする。

素直になんでもやってみることができる人は
努力し続けることができる自分の興味の対象を見つける機会を得やすい。

「素直」って大事なんだろうな〜!

若くても年取ってても、(わるい意味での)プライドが邪魔をしてるパターンも多い。
失敗を恐れて挑戦できなかったり、
周りの援助を得難かったり。
(わるい意味での)プライドが高いとか、気位が高いとかって
ほんと〜〜に何もいいことはない。
人を遠ざけるだけ。進歩を妨げるだけ。

素直+努力=最強 (・∀・)

そして人生そのものを楽しむことも大事。

家事もやらなくちゃならないし、人間って忙しいな!!



ルクルーゼの色に関して

セピア=テールナチュレル=ナチュラルブラウン=トリュフブラウン??

販売する国によって色の呼び名が違う??


とにもかくにもセピア色の23cmのラウンドプレートを買い逃したのは
痛恨の極み・・・(ω-`*)。・:*:・



物騒な世の中じゃ(ृ ु ´灬`)ु

φ(。。)メモメモ…


HEPAフィルタの空気清浄機&N95マスク

放射性物質ポロニウム210



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。